ゲイ掲示板なら男同士で出会いまくれるぞ

機会的同性愛について

機会的同性愛について

同性愛という言葉からは、ラブラブな同性同士のカップルや同性婚を連想しがちです。同性愛の定義は意外に難しく、同性同士の性行為を双方合意の上で経験したらすぐに同性愛者かというと、異論もあります。

 

機会的同性愛について

 

男子寮や女子寮に入寮していたことがあったり、軍隊従軍経験のある人の中には、これらの期間中に同性同士の性的行為を経験した人がいます。いじめなど強制されての特殊なケースを除いても、同性同士の関係は色々な集団で起こることが確認されており、機会的同性愛と呼ばれています。

 

特に、学生時代のように心身とも未成熟である成長期には、同性に対して愛情を持つことが珍しくありません。たんなるあこがれの範疇におさまる程度から、具体的に同性同士で恋人として交際を志向する程度、更に踏み込んで肉体的接触を持つようになる程度と実際の行動に個人差があります。しかし、肉体関係に至った経験のある人でも、卒業後や除隊後は同性に対する愛情を異性愛へと変化させる場合があります。

 

同性愛は歴史上賛美された時期も嫌悪された時期もありますが、現代においては安易なラベリングを避け、多様な価値観の一つと解釈している国が増加の傾向にあります。

同性愛は博愛主義者

ある本で読んだことがある一説があるのですが、私はバイセクシャルとして生きる上で非常に心強い言葉でもあります。

 

「博愛主義であることを喜びなさい。人を嫌いになる経験も人より2倍だが、人を好きになるチャンスも2倍あるのだ」

 

私は元々バイセクシャルであることを悩み、周りにも打ち明けられない感覚に押しつぶされそうな感覚になることが度々ありました。ですので図書館などにいっては同じバイセクシャルで有名だった人々の著書を読んでみたりしてどんなことを感じているのかというのを感じるようにしていました。

 

ですがこの一説を読んでから私の心は非常に軽く感じました。好きになる人もたくさん居る、成功する可能性も2倍ある、辛い経験を2倍することで心を磨くチャンスも2倍ある。恋愛がすべてでなくても、同性愛であるだけで得がたくさんあるんだと感じた時、自分の恋愛観に対してかなりの自身を持つことが出来ました。自分の恋愛観を捨てること無く生きて行くことが最近は楽しくも感じます。

関連ページ

悪影響とは
ゲイ・バイ専用の出会える掲示板見つけた!今ハヤりのスカイプとかカカオとかLINEのIDを交換するタイプのやつだけど、かなり使い勝手がよくてオススメ!これ、いいゾ〜